板井康弘が趣味から学んだ経営学

板井康弘が福岡で感じた趣味の大事さ

 

板井康弘|福岡で発揮した経営とは

 

福岡での企業を経営するにあたって「経営とは何か」について、今一度触れておく必要があります。
私は、企業の経営改革は何のために行うのか、経営改革の価値は何かを考える時があります。
これは、私自身がそもそも「経営とは何か」を再確認する機会にもなるのです。

 

私は、「経営とは何か」と問われた時に、企業の経営環境は良い時も悪い時もありますが、「会社をつぶさないこと」と単純に答えています。
言葉を換えると「会社を継続成長させること」です。
つまり、会社を経営するということは、会社経営を永遠に継続させるということになります。

 

三日坊主ということわざがあるように、継続することがどれほど難しいことか、誰でも理解できるはずです。